大学夏季休暇中の集中授業が続きます

東京海洋大学夏季休暇中の集中授業が始まりました。まずは品川キャンパスでのプール実習です。5日間のプール実習が7月13日で終わりました。非常勤講師の先生方、環境学科の補助員の皆様とのお仕事でした。

7月22日~25日は海洋政策文化学科のフレッシュマンセミナーで主としてスノーケリング活動をサポートしました。

7月26日~29日は水泳実習を富浦ステーションにて実施しました。ライフセービングとオープンウォータースイミングを実施しました。非常勤講師の澤栗先生と中塚先生には大変お世話になりました。

続く8月2日~6日は水圏環境リテラシー学を坂田ステーションにてサポートしています。シーカヤックを中心に実習が進められています。素敵な先生方とのお仕事です。

プロ・カヤッカーの先生方と記念撮影です

プロ・カヤッカーの先生方と記念撮影です

水泳実習の全員リレー、スタートです

水泳実習の全員リレー、スタートです

楽しく記念撮影です(スタッフ)

楽しく記念撮影です(スタッフ)

熱心なご指導をいただきました

熱心なご指導をいただきました

一般財団法人地域活性化センター発行 地域づくり 特集 海を生かした地域振興 に原稿が掲載されました

平成27年7月1日発行の標記雑誌に「海を生かした地域の活性化に向けて」という表題の原稿(基調論文)【依頼原稿】が掲載されました。執筆の場を与えてくださったことに感謝いたします。原稿はこちら→地域づくり 7月号,PP4-7

サバニ帆漕レース 無事に完漕しました

マリリンCUPスタート前記念撮影

マリリンCUPスタート前記念撮影

2015年6月27日、プレレースのマリリンCUPおよび6月28日の本レースを無事に完漕いたしました。両日とも時折8m~10m程度の風が吹き降りてくる天候の中、島内回航レースとなりましたが、なんとか無事にゴールにたどり着くことができました。マリリンCUPでは途中でフーザン(帆の横張のための竹)が折れ、漕ぎで乗り切りました。本レースは波と風、流れで船が押され、苦戦しました。レース途中、嘉比島を回航する前に3時間のタムリミットが来てしまいました。ですので、公式結果はDNF(Did Not Finished)です。そこからは、伴走船の宮平喜文さんとレース委員会がご配慮くださり、そのままコースを走らさせてくださいました(本当にありがとうございました)。ゴールはリミットの35分後でした(3時間35分,記録なし)。クルーメンバーは全力を尽くし、個人的には充実したレースでした。もちろん課題は山積みですが、これからも少しずつ改善していきます。
表彰式ではアビーム賞(特別賞・遠来賞)を賜りました。サバニレース実行員会の添畑様、塩澤様はじめ皆様、山城洋祐さん、内田正洋さん、仲村忠明さんといったわたしにとってのサバニの師匠、練習会でお世話になりました葉山サバニ倶楽部の皆様方、大城敏さんはじめレースを通じてお世話になりましたみなさま、支援いただきました東京海洋大学海洋政策文化学科の先生方に深謝いたします。

レーススタート後です

レーススタート後です

スキンダイビング・セーフティ出版されました

東京の成山堂書店から標記の書籍が出版されました。このプロジェクトは、フリーダイバーで現在日本記録保持者(コンスタントウィズフィンで-92m)岡本美鈴さん、水中科学協会の須賀次郎さん(80歳を超えた現役ダイバー)、同僚の藤本浩一さんとの4名でのお仕事で「スノーケリングからフリーダイビングまで」を網羅しようとした試みでした。成山堂の小野様には編集で大変お世話になりました。
是非、お手に取ってご一読いただければ幸いです。

6月28日発行です

6月28日発行です

サバニレースに向かって(2015年)

いよいよ6月27-28日にサバニレースが迫ってきました。今年は、千足を含めた大学院生を中心とする6名でのエントリーです。東京海洋大学を代表して、レースに参戦してまいります。前年の11月に肝油塗り(座間味)、3月には整備と練習(座間味)、5月からは葉山サバニクラブで今村直樹さんや内田正洋さんにお世話になりながら練習会をさせていただきました。糸満でも「おもろ」の健ちゃんやハマスーキの守谷さんたちに同乗させていただきました。学生たちはプールでの空漕ぎを重ねてきました。
レース中は海が平安でありますことを祈るのみです。お世話になっていますチームの皆様のご健闘を心よりお祈りし、私たちも全力を尽くすことができたら幸せです。
いつもご支援くださっております、東京海洋大学海洋政策文化学科の先生方、海洋スポーツ・海洋健康科学研究室関係者の皆様、日本海洋人間学会の先生方、内田正洋先生、沖縄の山城洋祐様、仲村忠明様、上原謙様、サバニ大工の下門龍仁様、開催地座間味の皆様、実行委員会の添畑様、塩澤様はじめ関係者の皆様に感謝申し上げます。

肝油を塗り、船の手入れをします

肝油を塗り、船の手入れをします

舵を取らせていただきます

舵を取らせていただきます

糸満でもサバニに乗せていただきました

糸満でもサバニに乗せていただきました

ダイビング安全講習会2015 (2015年4月4日)講師

一般財団法人社会スポーツセンター主催の標記講習会に講師として参加し、「ダイバーの健康管理-指導の観点から事故誘因・防止策を探る-」という演題にて発表させていただきました。ベテランダイバーの皆様の前での講義は緊張感がありました・・。講義に関連しまして、指導者ダイバーへの調査活動を実施しています。以下のURLからご協力をお願いいたします。
調査票はこちら →  ダイバーの健康管理に関するアンケート
PDF版はこちら →  ダイバー健康管理アンケート2.24

国立青少年教育振興機構 平成27年「体験活動安全管理研修~水辺編~」講師

平成27年6月3日~5日、若狭青少年自然の家において、標記の研修会が開催され、講師として参加させていただきました。実習当日は北風が強く少々タフなコンディションでしたが、無事に実習や演習、協議を終えることができました。若狭のスタッフや機構の職員の方には大変お世話になりました。

スノーケリングの実技も担当させていただきました

スノーケリングの実技も担当させていただきました

2015 International Conference of Sports, Leisure and Hospitality Management,Taipei

5月15日~17日は台湾での学会に参加してきました。The Possibilities and Issues of Japanese Marine Recreationという演題にて発表させていただきました【招待講演】。台湾師範大学の林伯修先生と研究生の真田さんには特段のお世話になりました。台北は年々きれいな街になっています。また来年!必ず参加したい学会です。

発表中の風景であります

発表中の風景であります